独自メソッド解説

札幌のサンフレンズ英会話スクールではマンツーマンレッスンに、独自の学習メソッドを導入しております。

私達日本人の英語学習者を1番悩ませている問題は言わずもがな「話せない」と言う事です。
もっと具体的に言うと「相手の言う事はなんとなく理解出来るが、それに対して自分の思っている事を英語で言う事が困難、または限定的になる」と言うような形です。

もし貴方もこの状況に困難を感じているならば、サンフレンズは貴方にとって的確な英会話スクールです。

サンフレンズメソッド=英語での文章構成能力を向上

伝えたい内容を英語のルールで文章化して発信するのイメージ

サンフレンズメソッドは「英文を自由自在に操る能力」を身につける学習方法です。
第二言語習得理論と、後述の「ハーバード式英語学習方法」を応用して開発致しました。

英語が聞けるけど話せない原因は「英語での文章構成能力が欠けている」からです。

詳しく説明すると、言語にはそれぞれのルールがあり、それに従って文章を作らなくては正しい言葉になりません。

例えば

日本語と英語の違い

この様に英語と日本語は全く別のルールで構成されており、英語を話すには英語のルールに従って話さなくてはいけません。
「やっぱ英語って難しい」と思われるかもしれませんが、逆にこのポイントさえ一旦感覚が掴めれば、日常的な英語を話す事は驚くほど簡単になります。

サンフレンズメソッドではこのポイントを抑えた文章構成能力を高め、会話をする時にスピーディーに頭の中で英文を構成する能力を身に着けます。

サンフレンズメソッドの流れ

①毎回異なるトピックで「5行エッセイ」

英語レベルに応じた、「会話で話す事を前提としたライティングの課題」が毎回講師から提供されます。
学習者はトピックに基づいた「5行エッセイ」を書きます。
ご自身のバックグラウンドに関する情報、仕事など「外国人と交流する時に話す事が多いトピック」や、学習者自身の英語を学ぶ目的、趣味志向、レベルに合わせたトピックを講師が毎回提供します。

「宿題あるの?!」と思われる方もおられるかもしれません。
しかし何も準備せずに毎回レッスンを受けるより、予習してしっかり準備した方が効果的な英語学習ができます!

②5行エッセイを「発表・添削」

書いてきたエッセイを講師に音読する形で発表して頂きます。
「文法・語彙・発音・アクセント」などのポイントから講師がチェックし1ヵ所1ヵ所丁寧に指導します。
それにより、学習者は「実生活で伝わる英語表現」を学ぶ事ができます。

③エッセイを題材に「実践対話」

エッセイの内容を発展させる質問を講師が学習者に投げかけ、学習者も講師に意見を問う形で
会話トレーニングを行います。
対話の中で講師が学習者の話す英語を細かくチェックし「伝わる英語」を丁寧に指導します。

④レッスンで習った事を「復習」

「記憶は1日経過しただけで半分以上忘れてしまう」という事が心理学の研究で明らかになっているように、レッスンだけ受講するのでは英語力は中々向上しません。
学習した内容を定着させるために、レッスンで修正した箇所を復習も必ず行い、また次回レッスンに向けて新たな5行エッセイを書くというサイクルです。

なぜ5行エッセイ?

書けない英語は話せない

スピーキングを高めるためのレッスンで、なぜライティングが必要なのでしょうか?
その理由は「英語を書く事と話す事のプロセスが似ており、英語を書く事が英語のスピーキング向上に繋がるから」です。

どういうことかみてみましょう。まず英語能力は4つの技能に分けられます。

英語の4技能
スピーキング / ライティング / リーディング / リスニング

このうち、スピーキングとライティングは「自分から英語を発信する」すなわちアウトプットです。

反対にリーディングとリスニングは「相手の英語を受信する」インプットとなります。

日本語が母国語の私達が、英語でスピーキングとライティングをする時の頭の中の処理プロセスはこのようになっています。

英語をアウトプットするプロセス

※上級者になるとこのプロセスが定着してくるので頭の中で翻訳をする必要なくスッと英語が出てくるようになります。

プロセスは同じですが、「話す」時は対話相手がおり、テンポよく反応を返さないといけないため難易度が高いです。
一方、「書く」時はじっくり自分のペースで思考できるのではるかにハードルが低く、スピーキングに繋がる良いトレーニングとなります。

このような理由でサンフレンズのマンツーマン会員様には、英語を話せるようになるために/話せる内容の幅を拡げるために、予習として5行エッセイを書いて頂いております。

ちなみに、アメリカの名門ハーバード大には留学生向けの英語クラスがあるのですが、そこでも「書けないことは話せない」という考えのもとライティングから学習を提供しています。(ハーバード式学習方法)
サンフレンズメソッドはハーバード式学習方法を一部応用しています。

 

体験レッスンへのご案内リンク