英語を話せることのメリット|札幌駅の英会話サンフレンズ

札幌駅北口のサンフレンズ英会話スクールです!
当校ではアットホームな環境で、プロのネイティブ講師とマンツーマン・グループレッスンで英語を学べます。

今回は「英語を話せることで得られるメリット」についてまとめました。

「外国人と話せる」という事以外にも英語を習得するメリットはたくさんあります!
今回はそのほかの「英語が使えるメリット」をお伝えしたいと思います!

この記事を書いた人
KOJI
サンフレンズ英会話教室の日本人スタッフ。岩見沢出身、北海学園大卒。
学生時代に2年間、フィリピン・カナダ・スペインへ長期留学。
英語とスペイン語を操るトライリンガル。
TOEIC900点以上のスコア取得、通訳・翻訳業務も担当。

①世界最先端の情報にアクセス出来る

最先端情報

日本語を使う人は世界中で1億2千万人(日本人だけ)しかいませんが、英語を使う人は世界に15億人いると言われています。
すなわち、世界全体で見ると英語の方が圧倒的に多く利用されている言語となりますね。

現代の情報収集手段として最もポピュラーなインターネットや書籍などでは、日本語よりも英語の方が情報量が圧倒的に多いです。

ビジネス情報、医学論文など、世界最先端の情報に関しては英語で書かれるのがスタンダードです。
また十人十色な「趣味」の分野に関してもほとんどの場合で英語の方が情報を入手しやすいでしょう。

あなたが何か知りたい時に、日本語だけではなく英語でも情報収集が出来れば、より多くの情報に触れることができ、選択肢を豊にしてくれます。

②異文化理解力が養える

国際交流

ヒトのコミュニケーションに必要なものは2つあります。

①言語力
②相手の文化背景を受け入れる異文化理解力

です。

外国人との交流を通して、英語を学習していくうちに「異文化理解力」も身について行きます。

英語が話せるようになると、外国人とのコミュニケーションが増え、自分でもその場を求めて動くようになる方が多いです。
そうして多国籍・異文化での交流を通じ「日本の常識が通用しない」という事に自然と気がつく機会に巡り合います。

異文化の簡単な例
日本では集合時間の5分前に来るのが常識だが、イギリスでは集合時間を過ぎてから来るのが常識で、スペインでは集合時間になってから集合場所に向かうのが常識。

友達関係でも、仕事関係でも

①言語力
②相手の文化背景を受け入れる異文化理解力

この2つどちらかが欠けていれば、良い関係構築は難しいでしょう。
例え英語がペラペラでも、日本の文化や常識を押し付けるようなスタンスでは良いコミュニケーションが取れません。
英語を学べば学ぶほど、この異文化理解力を広げるチャンスもたくさんあるので、是非見聞を広げていって頂けたらと思います。

③日本の文化を客観的に考える機会に出会える

日本文化

外国人の方と話す時はお互いの国に関する話題が必然と多くなります。
「自分の国では〇〇だけど、あなたの国ではどう?」
というような質問をし合うイメージですね。

すなわち相手の国について知らなかった情報を聞くことが出来、日本の事を紹介する機会に多く直面します。
私は以前「なんで日本人は信号の色を『青』と言うの?緑だよね?」と質問されてハッとした事があります。
このように日本人の私たちにとって普段当たり前になっているような事でも、外国人から日本について質問されて「そういえばなんでだろう?」と初めて気がつく事もあります。

こうした異文化なバックグラウンドを持つ者同士の交流で、日本と他の国を比較して考えられるようになります。
また他国にはない日本文化の素晴らしさに気づかされることもあり、外から見た日本の文化に気がつくこともできるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は「英語を話せるメリット」についてご解説致しました。
英語が話せると、世界中の人たちとコミュニケーションが取れる以外にも

英語を話せる事で得られるメリットまとめ
①世界最先端の情報にアクセス出来る
②異文化理解力が養える
③日本の文化を客観的に考える機会に出会える

このようなメリットがあり、普段の生活により楽しみを与えてくれますよ^^
英語学習、楽しみながら頑張っていきましょう!

Have a good day!!

札幌駅近く!無料体験英語レッスンもお待ちしております!

体験レッスン