札幌で外国人と話す時に使える英語10選|札幌駅の英会話サンフレンズ

実践的な英語力を身に付ける、札幌駅の英会話教室、サンフレンズ英会話スクールです!

札幌では毎年外国からの観光客が増え続けていますよね。
昨年2019年のラグビーW杯の時はまるでどこか自分達が違う国にいるかのように沢山の海外からの観光客が札幌を訪れました。
今年行われる東京オリンピックでも、同様もしくは去年以上の海外からの方々が札幌を訪れるでしょう!

外国人から急に英語で話しかけられるという場面も増えると思いますので、今回は「札幌で外国人と話す時に使えるフレーズ」を10コご紹介致します!

この記事を書いた人
KOJI
サンフレンズ英会話教室の日本人スタッフ。岩見沢出身、北海学園大卒。
学生時代に2年間、フィリピン・カナダ・スペインへ長期留学。
英語とスペイン語を操るトライリンガル。
TOEIC900点以上のスコア取得、通訳・翻訳業務も担当。

Are you in line?(並んでますか?)

「列に並んでいますか?」
札幌駅や家電量販店、ドラッグストアなどには海外からの観光客が沢山訪れていますよね。
あなたが何か買い物をする時に「あれ?この人たちはレジに並んでるのか?」「それとも単にたむろしているだけ?」と戸惑う時はありませんか?
そういう時に使えるのがこのフレーズです!

Where are you going?(どこいくの?)

「あなたはどこに行くのですか?」という意味で使いやすいのがこのフレーズ。
道案内の様な助けを必要としている外国人旅行客を見かけた時は、このフレーズを使って話しかけてみて下さい。
もしあなたがホテルや公共交通機関などで働いている場合でも、役に立つ事でしょう!

How long will you stay here?(滞在期間は?)

「どのくらいここに滞在するのー?」という意味。
私達が海外旅行に行く時の入国審査でもほぼ聞かれる質問ではありますが、もっとカジュアルにスモールトークをする時のきっかけとして使えますよ。
居酒屋などで外国人と話すタイミングがあった場合など、これを聞いてみると会話のキャッチボールが一つ増えますよね!

What do you want to do?(何したい?)

「何をしたいの?どんな事をしたいの?」という意味のフレーズです。
私達が海外旅行に行った時に、地元の人にお勧めのアクティビティや観光地などを尋ねるのと同様に、海外から来た観光客に「北海道のお勧め」を教えてくれと聞かれる事もあるでしょう!
「お勧め」は沢山ありますが、その人がどんな事を求めているのか、まず聞かなければ良い提案は出来ませんよね。
そんな時に便利な英語です。

Could you take your shoes off?(靴脱いでね)

「靴を脱いでもらってもよろしいですか?」という意味です!
部屋の中で靴を脱ぐという習慣は日本特有のもの。
その習慣は海外でも知られていますが、いざ日本に来ると中々馴染めないものなんです。(うっかり忘れてしまう!)
そういう時に、このフレーズを使ってあげて下さい!

Could you speak more slowly?(ゆっくり話して)

「もう少しゆっくり話して下さいますか?」という意味です。
様々な国の人が英語を話しますが、それぞれの訛りだったり、母語の影響によるアクセントの違いがあるので、皆が日本の英語教材の音声CDの様な英語を話すわけではありません。また、話すスピードも全然違います。
そんな時には無理してわかったフリをせず、何度でも「Could you speak more slowly?」と伝えましょう!

Do you have LINE?(LINE交換しよう)

「LINE使ってる?(ならID交換しよう)」という意味です。
ひょんなきっかけから外国人と友達になる機会もあります!
そんな時は英語を練習するチャンスですので、連絡先を交換して、繋がっておきましょう。
もしFacebookだったら「Do you have Facebook?」でもOK!

You should take the subway from ○○ to ××.(道案内)

「〇〇から××まで地下鉄に乗って下さい。」という意味です。
これは道案内の時にとても便利なフレーズですね。
もし札幌駅から、大通りまで行く事を伝える場合は「You should take the subway from SAPPORO to ODORI.」というふうになります!
これを伝えるだけで、観光客の方はすごく喜んでくれますよ!

It’s next to ○○.(○○の隣にあるよ)

「〇〇の隣にあります。」という意味です。
目的地の場所を案内する時の大まかな指標になるので、これも大変便利です。
札幌駅のビックカメラを探している人に尋ねられたら「BIC CAMERA is next to JR SAPPORO STATION.」と教えてあげれば一件落着!

Let me google!(ちょっとググらせて)

「ちょっとスマホで調べさせて」という意味です。
何かを尋ねられた時にスマートフォンで情報を調べてあげる時に使いましょう。
道案内だけではなく、日常会話全般で使えます!

実践的な英語を学びませんか?

いかがでしたでしょうか?
今回は「札幌で外国人と話す時に使えるフレーズ」を10コご紹介致しました。
英語を不自由なく話せる様になるにはコツコツと学習を継続することが大切ですが、「こういう場面で英語を使える様になりたい!」という方にはこの様な英語フレーズを暗記する事が効果的です!
そうすれば英語での成功体験が増えて、もっと楽しくなるはず。

この様に簡単で便利なフレーズから英語を覚えて、もっと英語で話せる様になりたいという方は是非サンフレンズ英会話スクールで英語を学びましょう!

札幌駅近く!無料体験英語レッスンもお待ちしております!

Have a good day!!

体験レッスン