〜ingを使う便利な表現

英語には色々な構文があります。
構文パターンを覚えられれば様々な表現が使える様になりますよ(^^)

英語を話す中で良く迷うポイントは「to +動詞の原型なのか〜ingを使うのか」というところ。
ある程度英語を勉強していて基本的な会話が可能な方でも結構間違ってしまうこともあるんです。

今回は「〜ing」を使う構文を少しご紹介します。

ここで紹介する表現

①There is no point in ~ing.「〜する意義がない/〜するのは無駄だ」
②It’s worth~ing.「〜する価値がある。」
③have a problem ~ing.「〜するのが難しい。」
④be busy ~ing.「〜するのに忙しい」
⑤go ~ing.「〜しに行く」

①There is no point in ~ing.

これは「〜する意義がない/〜するのは無駄だ」という時に使える構文です。

<例文>
There is no point in drinking beers.
「ビールを飲む事は意義が無い。」

There was no point in inviting him.
「彼を招待しても無駄だよ。」

②It’s worth~ing.

「〜する価値がある。」という意味。

<例文>
It’s worth studying English.
「英語を学ぶ価値がある。」

It’s worth buying her book.
「彼女の本は買う価値がある。」

③have a problem ~ing.

これは「〜するのが難しい。」という意味です。

同じ様な意味で
have difficulty ~ing.
have trouble ~ing.
という表現もあります。

<例文>
I had a problem finding this place.
「この場所を見つけるのが難しかった。」

We have trouble passing the test.
「私達はその試験を通過するのが難しい。」

④be busy ~ing.

「〜するのに忙しい」という意味の構文です。

<例文>
She was busy repairing her boots.
「彼女はブーツを修繕するのに忙しかった。」

You are busy checking your iPhone.
「君はiPhoneをチェックするのに忙しいね。」
→嫌味っぽく 笑

⑤go ~ing.

スポーツなどを中心に、様々な活動を「しに行く」事を表すことが出来ます。

<例文>
go swimming
go fishing
go running
go shopping
go skiing

練習問題

さて、それでは今日の練習問題です!
下記の日本語を英文にしてみましょう(^^)
添削はサンフレンズのメールかLINEまで送って下さい!
サンフレンズスタッフが回答します✨
(問題ナンバー: 20200420)

1. コウジは鶏肉を食べる事が困難だ。
2. ウォーリーは英語のレッスンをするのに忙しい。
3. それに高いお金を払う事は意義が無い。