スウェーデンの対策は正しい?2020/04/25

“Sweden’s approach to managing the pandemic has generated global interest.”

The policy of avoiding lockdown and keeping large parts of society open is widely supported by the Swedish public but has led to debate over whether it is a sensible plan or one that could cause unnecessary deaths.

Photos have been shared around the world of bars with crammed outdoor seating and long queues for waterfront ice cream kiosks, and yet it is a myth that life here goes on as normal – as people voluntary take to social distancing.

But how serious is Sweden’s outbreak? Why did it choose a different path to other countries and what do the figures tell us so far about how effective the strategy is?

日本語意訳はここをクリック
「スウェーデンのパンデミック対策が国際的な注目を集める。」
ロックダウンを避ける事と経済活動の大部分を維持するスウェーデンの方針は、スウェーデン国民に広く支持されていますが、それが賢明な計画なのか、守れたはずの死者を出してしまうのではないかという議論を呼んでいます。

バーの混雑したテラス席の様子や、湖岸通りのアイスクリーム屋さんでの長蛇の列の写真が世界中でシェアされています。
スウェーデンの人々が自主的にソーシャルディスタンシングを実行しているとしても、日常の生活が続いている事は驚きです。

しかし、スウェーデンのアウトブレイクはどれほど深刻なのでしょう?
なぜ他国とは違った方向性を選んだのでしょう?
そしてどうすればこの対策の有効性を知る事ができるのでしょう?

*この日本語文は意訳で作っています。

KEYWORDS

generate: 生み出す(v)
sensible: 賢明な(adj)
unnecessary: 不必要な(adj)
cram: 詰め込む(v)
voluntary: 自主的な(adj)
path: 方向、道、進路(n)