スペインが子供向けに一部のロックダウン解除

When Spain’s government announced a national lockdown in mid-March, in reaction to coronavirus, not everyone was dismayed at the prospect of spending several weeks at home.

Miguel Sánchez, a 15-year-old from Madrid, was delighted he wouldn’t have to go to school for the foreseeable future.

Six weeks later, having not left the family’s flat once, the lockdown has lost some of its shine for him and he still does not know when he will be able to go out.

Restrictions have been partially lifted for children under the age of 14 for the first time. That means Miguel’s younger brother, Jaime, can now go out each day. But Miguel cannot.

‘He misses his friends’
“It does bother him, because he says ‘Why can my brother go out and I can’t?’,” says their mother, Cristina Carrasco, a primary school teacher.
Miguel has spent much of the time inside doing school work. In his free time he has been playing video games and watching films with his younger brother.
“Being a teenager, he really misses seeing his friends, going out and having contact with other kids of his age,” she says. “Miguel is a good kid but teenagers have good days and bad days.”

日本語意訳はここをクリック
スペイン政府がコロナ対策として3月半ばにロックダウンを行った時、全員が外出禁止にうろたえたわけではなかった。

マドリッド市在住の15歳、ミゲル・サンチェス少年は、当面の間学校に行かなくて良い事を嬉しく思っていた。
しかし一度も家を出ないまま6週間が経過し、彼はロックダウンに流石にうんざりしてしまった。そして未だ、いつになったら外出できるのか見通しが立っていない。

初めて、14歳以下の子供たちのみを対象に部分的な外出禁止措置が解除された。
すなわち、ミゲルの弟であるハイメは外出が出来、ミゲル自身は外出出来ない。

「ミゲルは友達に会いたいんだ。」
この兄弟の母親で、小学校教員でもあるクリスティナ・カラスコは「なぜ弟は外出OKで自分はダメなのかと、ミゲルは悩んでいる。」と言っています。
ミゲルは家にいる時間のほとんどを学校の宿題をやる事に費やしている。そして自由時間にはテレビゲームをやったり、弟と映画を見たりしている。
母親のクリスティナは「ティーンエイジャーとして、ミゲルは同年代の友達と遊んだり、出かけたりする機会を逸している。ミゲルはとても良い子、でもティーンエイジャーには良い日も悪い日もあるよね。」と話した。

KEYWORDS

be dismayed at〜: 〜にうろたえた、ろうばいした
be delighted〜: 〜を嬉しく思う
foreseeable future(n): 当分、当面の間
lift(v): (封鎖などを)解除する