日本人が最も苦手な英語の技能は、 スピーキングやリスニングと言った「コミュニケーション能力」である事は疑いの余地がありません。
しかし日本で生活していると、中々英語を話す機会が無いというのが現状です。
ネイティブの話を単に聴き、相槌を打つだけの受動的な英会話レッスンは提供しません。
自分の伝えたい事を伝え、相手の話を聴き、理解する、質問するというスタイルのレッスンで “コミュニケーションが取れる英語力” を習得します。
レッスンの時間に英語で「伝える・質問する・意見する」といったアウトプットを積極的に行うために、毎回レッスン後には次回分の予習範囲が告知されます。
予習ではわからない単語や文法を調べたり、意見を英語で準備すると言ったインプットの学習がメインになり、慣れるまで少し大変かもしれませんが、必ず効果を出します。

語学の上達には勉強を継続する事が何よりも重要です。
サンフレンズはJR札幌駅北口のヨドバシカメラさん付近にレッスンルームがありますので、アクセスが良く、継続して通いやすいロケーションとなっているのもGood!

 

サンフレンズの英会話レッスンでは「思っていることを伝える・相手の言う事を聴いて理解する・更に質問する」事ができるようにトレーニングして行きます。
黒板とテキストを見ながら一方的に先生の話を聴く学校のようなスタイルでは無く、インタラクティブなコミュニケーションを通じて実践できる英語力を学ぶ「コミュニカティブアプローチ法」を用いています。
このコースでは、テーマに沿って決められたシチュエーション(空港での入国審査、ビーチリゾートへ行った場合、札幌で外国人に接客する場合etc)になりきって、よりリアリティのある状況下での英語コミュニケーションを学びます。
これにより、レッスンと実生活で英語を使用する時のリンクを強化し、実践力のある英語力を培う事が可能です。
レッスンの時間に英語で「伝える・質問する・意見する」といったアウトプットを積極的に行うために、毎回レッスン後には次回分の予習範囲が告知されます。
予習ではわからない単語や文法を調べたり、自分の意見を英語で準備すると言ったインプットの学習がメインになり、慣れるまで少し大変かもしれませんが、必ず効果を発揮します。